山崎隆

略歴
1953
千葉県野田市生まれ

1981
武蔵野美術大学造形学部大学院彫刻コース修了

1982
第2回北関東美術展 (栃木県立美術館)

1984/’89
愛宕山画廊 個展 (銀座)

1985
第17回現代日本美術展 (東京都美術館)

1988~‘89
INDIA・JAPAN彫刻キャンプ (インド・バドダラ)

1993
湘南・ひらつか野外彫刻展 (平塚市)

1996
福生市野外彫刻展 (福生市)

1999/’01/’03/’06/’08/’11/’13
「雨引の里と彫刻展」(茨城県・桜川市)

2000
International  Sculptors Symposium “STONE 2000” (インド・バドダラ) 
PICAF・The Symposium of Open Air Sculpture  (韓国・釜山)

2003
Gallery砂翁 個展(日本橋)、Gallery K 個展(宮崎市)

2007
彫刻「都市の稜線」設置 (青山通り・鹿島建設本社前)

2010
アートプラネット個展 (江戸川区)

2013
東京都立長寿医療センター門扉 (板橋区)

2015
インド・バドダラの小学校にて小さな石、針金等を使った造形ワークショップ

雨引の里と彫刻 2015





玄武岩
75×65×178 (h)cm



雨引の里と彫刻 2013




Welcome
白御影石
150×105×145 (h)cm
110×90×117 (h)cm



雨引の里と彫刻 2011  冬のさなかに




低い冬
黒御影石
650×95×25 (h)cm



雨引の里と彫刻 2008




Lのあるかたち2つ
黒御影石
105×90×100 (h)cm
100×100×120 (h)cm


形というものはいろいろな関係が支えあってなりたっています。
前があれば後ろがあり、 表面があれば内面があるというわけです。
お互いの関係は、眼で見えることもありますが 見えないこともあります。



雨引の里と彫刻 2006





羽黒石
130×100×10 (h)cm


ずっと前から此処に自分の彫刻を置きたいと思っていた。
そうしてこの場所に惹きつけられるうちに、素材や形態、題名も何時の間にか決まっていたような気がする。
春の季節に敢えて「春」という題名の作品をこの場所に置いてみる。



第5回 雨引の里と彫刻




二つの石
黒御影石
180×130×120 cm


大和村のこの場所に「二つの石」があったこと、記憶に留めたい。


第4回 雨引の里と彫刻




ここにある石
白御影石、鉄
380×220×250 cm
700 kg


大和村の春は、とにかく美しい。緑の種類がこんなにもたくさん在るものかと、訪れるたびに思いを新たにします。この村のどこにでもある様な雑木林の中に、この村ではどこにでもある白御影石を使って、作品を造りました。設置場所の下草を刈っていると、ウワミズザクラの幼木が伸びてきていたので、作品の中に取り込ませてもらうことにしました。


第3回 雨引の里と彫刻




GIFT(供物)
大理石・麻縄
60×120×55 cm
800 kg