佐藤比南子

略歴 1948
岐阜県生まれ
桑沢デザイン研究所、文化学院 アート&クラフトセンター
現在、STUDIO CHANA主宰

個展 2008
境内アート小布施×苗市

2007
オブセコンテンポラリー 千曲川ハイウェイミュージアム企画 vol.4 「アートと素材」 「Tension VIII・NUNOの場所 in オブセ」 千曲川ハイウェイミュージアム

2006
Tokyo池袋国際アートフェスティバル2006 都市の芸術祭 「Tension VII・池袋的Z-twist」 インスタレーション ギャラリーZO 池袋

2005
桐生再演11/街における試み 「Tension VI・NUNOの場所」 インスタレーション 桐生市彦部家屋敷竹林(国指定重要文化財)

2004
「Tension V・トリロジー」 インスタレーション AU HAZARD

2002
桐生再演8/街における試み 「Tension IV・包むかたち」 インスタレーション 田島染工倉庫1F

2001
桐生再演7/街における試み 「Tension III・気配を包む」 インスタレーション 清水工業旧工場

2000
「Tension II・空気を包む」 インスタレーション トキ・アートスペース

1998-'95
「Tension series」 インスタレーション ギャラリーQ

1992
「フェルトによるinstallation」 千疋屋ギャラリー

1991
「強撚糸布・旅のinstallation」 スライドと展示 ワコール銀座アートスペース

1990
「強撚糸の世界」 ギャラリーイカット

グループ展

1989
アート & クラフト'89 「糸と布の造形」 銀座マリオン
「手のわざ展」 岐阜県美術館

雨引の里と彫刻 2015




Tension 見えないもの  invisible
羊毛、ゴム紐、ピン 、石、ワイヤー
約1000×500×300 (h)cmの樹木の間




雨引の里と彫刻 2013




Tension. 風を包む 2
羊毛、ゴム紐、ピン
クヌギ林 約200m2


目に見えないものを包みたい。
前回の展示(2011年3月)の最中に地震があり、その後次々と起きたことの恐怖は今も尾を引いている。
私はこの地で再び作品が創れる喜びを感じながら、この場所に流れる時間を包んでみたいと思っている。



雨引の里と彫刻 2011  冬のさなかに




Tension. 風を包む
羊毛、ゴム紐、ピン
1,000×800×500 (h)cm ×4pieces


羊毛の繊維が絡みあい、広がって、まるで細胞が増殖するように一枚の布になる。
やわらかく形のない布は、壷を包めば壷の形に、身体を包めば身体の形になる。
何にでもなる可能性があるこの布を、引っ張り、ねじり、結んで、雨引の里の「風」を包んでみたい。