• 山本 憲一 YAMAMOTO Kenichi

    略歴1967
    東京都に生まれる

    1989
    行動展(以降毎回出品)
    同’90奨励賞 同’93会友推挙 同’97会友賞 同’98奨励賞受賞 同’02会員推挙

    1989
    小平野外彫刻展(同’90)

    1990
    武蔵野美術大学彫刻科卒業、同大学実技研究生
    東京都小平市玉川上水沿 野外彫刻設置
    東村山市文化福祉センターロビー 作品設置

    1991
    第7回ヘンリームーア大賞優秀マケット展

    1994
    アーティストキャンプインカサマ’94(同’95、’96)

    1995
    阪神大震災展覧会

    1996
    茨城県笠間市街ポケットパーク作成及び野外彫刻設置

    1998
    国民文化祭香川石の彫刻コンクール入選

    1999
    しまなみ海道彫刻コンクール優秀賞受賞

    2000
    愛媛県宮窪町石文化公園野外彫刻設置

    2002
    現在行動美術協会会員

  • 剪定季 2022 TC

    白御影石、木材、塗料、異形SUS
    287×180×75 (h)cm

    構築物を選定してみる。物の形は構築打設あるいは解体であるかの中庸な 形を公園屋の1つとして表現しました。


  • 日:剪定季・2019

    白御影石
    105×63×90 (h)cm


  • 剪定季

    青糠目石
    100×100×110 (h)cm


  • 剪定季の風

    ピンク御影石
    91×185×225 (h)cm


  • 剪定期

    白御影石
    110×148×185 (h)cm


  • 剪定期

    白御影石
    110×148×185 (h)cm


  • 遠い水

    花崗岩
    50×100×170 (h)cm

    塀で囲まれた宅地空間に、梅の木と柿の木が生きている。今は水の出ない水道管一本が、汲上げポンプの側で枯れ枝の様に寂しく立っていた。そこを地下に向って掘れば、水脈に辿り着くはずなのだが私は上に向って彫ってみる事にした。失われた遠い水脈を求めて。


  • 円形砥石片径

    白御影石
    85×320×235 cm
    4000 kg